ガーデニング

アカネ

2019-07-07

関連キーワード

植物名: アカネ

学名: Rubia argyi
英名: madder
和名: アカネ(茜)
科名: アカネ科
属名: アカネ属
原産地: 中国、朝鮮半島、台湾、日本

スポンサー

アカネの特徴

「アカネ(茜)」という和名の由来は、根を乾燥させると赤くなることから付いています。
根を煮出すと、「アリザリン」が含まれている植物です。草木染の染料として使うために沢山に植えて利用している人がいます。
茜色というのはこの茜から来ています。黒い実もなることがあり、実も染料に使えます。山野草でつる性の多年草として、山に行くと見かけることも多いでしょう。
アカネの地上部は、冬は枯れます。しかし、また春になると芽が出てきます。長くツルが伸び、分岐し、ハート型の葉が可愛いのが特徴です。地下茎で沢山に増えていきます。

アカネの詳細情報

園芸分類
草花・山野草

草丈・樹高
ツルの長さ1〜3mで他の草木などに絡まって生長

耐寒性
強い(地上部は枯れて休眠)

耐暑性
強い

耐陰性
半日陰で大丈夫

花色
淡い黄緑色

開花時期
8月〜9月

スポンサー

アカネの育て方カレンダー

時期
あまり種が手に入りませんので、苗を5月頃に植え付けます。8月〜9月に小さな花を咲かせてくれます。

植え付け
5月頃に暖かくなってから苗を植え付けます。

開花
8月〜9月に目立たない小さな花が多数開花します。

アカネの栽培環境

日当たり・置き場所
日当たりは半日陰でも育ちます。支柱やネットに絡めるか這い上がれるような生け垣や塀などの場所に植えます。よく茂りますのでそれを見越して植えます。

用土
山野草の土に植えます。水気を好みますので、水持ちのいい土がいいでしょう。

スポンサー

アカネの育て方のポイント

水やり
乾燥しないように、水切れしないように注意します。

肥料
元肥をするとよく茂ります。

病害虫
カイガラムシが発生しやすいでしょう。

アカネの詳しい育て方

選び方
種はあまり採れず入手できませんので、苗を5月頃に植えます。苗は、栽培キットなどがありますので最初はそれを使い育ててみる方法もいいでしょう。2〜3年で草木染などに根が活用できるように育ちます。

植え付け
苗を5月頃に植え付けます。


8月〜9月頃、小さな花が枝の先に沢山咲きます。実から種が採れるのであれば、種まで採るといいでしょう。

収穫
大きく成長して大株になれば、いつでも根を収穫することができます。

冬越し
冬は地上部のほとんどが枯れますので、そのままで大丈夫です。草むらや木の根元などで根が守られている方がおすすめです。

増やし方
株分けで増やすことが可能です。葉を付け、発根している所で分けていくと増やすことができます。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

【質問1】スマートフォン使いづらい点はありますか?

  

【質問2】

”はい”と答えた人に伺います。その理由を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ