ご当地グルメ

山口県のグルメ! 海の台所・唐戸市場に行ってみよう! 新鮮な魚介類とスイーツの後は温泉でのんびりしよう

2019-08-08

関連キーワード

山口県は海に面している部分も多いため、釣りスポットと呼ばれる場所もいくつかあります。
特に山口県の下関市には、新鮮な魚介類や高級魚でもある「ふく」を堪能できる有名店などもあり、魚が好きな方なら1度は訪問したい場所でもあります。
そんな下関の海の台所とも言うべき場所が、「唐戸市場」です。 これから「唐戸市場」について、ご紹介させていただきます。

スポンサー

唐戸市場はどんな場所?

「唐戸市場」は、関門海峡に面した場所にあります。 九州地方と本州地方の境目にある海峡で、白い関門橋が有名です。
「唐戸市場」は、魚介類などを購入することができる市場があるエリアと、海の幸を生かした食事が楽しめる「カモンワーフ」があるエリアに分かれます。
その隣には、水族館でもある「海響館」や観覧車がある場所もあり、家族連れやカップルで楽しむことができます。
また、周辺には神社などもあり、特に世界一のふくの像がある「亀山八幡宮」は少し高台にありますが見晴らしも良く1度は登ってみる価値があります。

唐戸市場でグルメを楽しもう!

「唐戸市場」にある「カモンワーフ」には、いろいろなグルメを堪能できるお店があります。
何と言っても名物の「ふく」を使用したランチは、1000円から2000円で楽しむことができます。
ふく刺身だけではなく、ふくの唐揚げなどふくを堪能できる料理店が並びます。
また、新鮮な魚介類を使用した海鮮丼などもあり、それぞれのお店の個性が光ります。
特に丼イベントが行われている時には、各店舗が自信を持って提供する丼がポスターに掲載され、価格もリーズナブルですので丼はしごをする人もいます。 カモンワーフ内だけではなく、周辺には隠れた名店もありますので、食事できそうな場所があれば、まずは暖簾をくぐってみるのも良いかもしれません。


参考資料:カモンワーフ | 山口県下関市唐戸町(唐戸市場横 海響館すぐ)
https://kamonwharf.com/

残暑が残る時期には、冷たいソフトクリームなどが食べたくなりませんか。 「カモンワーフ」の中には、ソフトクリームやかき氷などの夏スイーツを販売しているお店も多いので、お腹を壊さないように注意しつつ食べてみるのも良いかもしれません。
また、食事やスイーツは、ご当地であるその場で食べるのが美味しいですが、お持ち帰りできるお土産商品などもあります。 山口県の銘菓である「御堀堂の外郎」や「利久まんじゅう」なども販売していますのでおすすめです。
「御堀堂の外郎」は、わらび粉が主原料で、小豆飴や小麦粉などを混ぜ合わせて蒸しあげています。 種類もいくつかあり、外郎ならではのモチモチ感があります。 「利久まんじゅう」は、千利休が茶会で出した名もなきお菓子が気に入られ、その名前がついたという言われがある饅頭です。
白餡と小豆餡があります。 原材料に米粉を使用しており、生産者や生産地にまでこだわって選ばれています。


参考資料:お買い物&サービス | カモンワーフ
https://kamonwharf.com/category-shoplist/category-gift/

下関にある温泉施設「和楽の湯」ご紹介!

「唐戸市場」から車で10分程の場所に、大きなショッピングモールがあります。 近くには関門トンネルの入口があり、関門橋を通らない場合にはこちらを利用して九州地方に行く人も多いです。
関門橋は高速道路ですが、関門トンネルは普通の有料トンネルですので料金も安くなります。 また、こちらのトンネルは車用ですが、人や自転車が通れる人道トンネルもあり、歩いて本州や九州に入りたい人が利用することもあります。
交通量が多い場所で少し奥まっていますので、ショッピングモール自体を見落としてしまう人もいます。 しかし、「和楽の湯」は、そのショッピングモールの中にあります。
いろいろなお店があり、広い駐車場がある一角に、静かにたたずむ和風の門が目印です。


参考資料:和楽の湯 下関せいりゅう
http://warakunoyu.jp/



・「和楽の湯」にはどんなお風呂がある?

入口の雰囲気は静かですが、中に入ると立派なロビーがあり浴室へと続きます。
食事ができる場所や休憩所などもあり、ゆったりとした時間が過ごせます。 浴室は広く、まず驚かされるのが湯船の多さです。 特に露天風呂は、その日に合わせたバラエティ湯や岩盤浴などもあり、どの湯船から入浴すれば良いか迷ってしまいます。
造りも岩風呂で、野外の空気を堪能することができます。 温泉自体も熱いものからぬるいものまであり、好みに合わせた入浴が可能です。 入浴感自体はサッパリとしており、ぬるい温泉はじっくりと長湯を楽しむこともできます。

まとめ

いかがでしたか。
「唐戸市場」と「和楽の湯」についてご紹介させていただきました。 どちらも山口県の下関市にあります。
歩くと結構な時間がかかりますが、途中に公園や神社などもありますので、ウォーキングコースとしては最適です。 もちろん、車やバスでの移動もおすすめです。 海の幸が堪能できる「唐戸市場」と「カモンワーフ」で腹ごしらえをした後は、「和楽の湯」でのんびりとした時間を過ごしてみませんか。



プロフィール
小井 明日香(こい あすか)
福岡県生まれの福岡県育ち
温泉が好きすぎて大分県別府市に移住
最近は全国の温泉地に興味がある
温泉資格の「温泉マイスター」と「温泉シニアマイスター」を持っており、趣味は温泉巡り

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

【質問1】スマートフォン使いづらい点はありますか?

  

【質問2】

”はい”と答えた人に伺います。その理由を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ