世界遺産

モンテネグロの美しい隠れ家「スベティ・ステファン」、ここを起点に周辺の観光を満喫しよう!

2019-08-22

関連キーワード

スベティ・ステファンはモンテネグロにある小さな半島です。本土と細い地峡で繋がっているため、モンテネグロのモン・サンミッシェルとも呼ばれています。歴史と美しさを保ちながら今ではリゾートとして開発されたスベティ・ステファン。この「隠れ家」に滞在しながら、周辺の観光スポットを訪ねてみましょう。

スポンサー

スベティ・ステファンの昔と今

スベティ・ステファンは、15世紀に「パストロビッチ」と呼ばれる一族がトルコ人や海賊などから逃れるために移り住み、隠れ家として築いた場所だと言われています。
2009年、世界的に有名なリゾートカンパニー「アマン・リゾーツ」がこの半島を30年間のリースとして借り受け、半島にあった600年の歴史を持つ古い建物を改築し、半島全体を「アマン・スベティ・ステファン・リゾート」として開発しました。
リゾートは赤レンガ屋根の建物、石畳の小道、木に囲まれた中庭など、昔の良さを十分維持しながら、アマン・リゾーツのモダンなセンスが取り入れられています。リゾート内のホテルは豪華で美しく、2010年にガリバンターズ・ガイドの「ホテル・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれています。

リゾートには趣の異なるいくつかのタイプの宿泊施設が用意されています。プールとテラスが付いたシービューのある2階建てのスベティ・ステファンスイート、独立したリビングルームとテラスのある2ベッドルームスイート、モンテネグロ漁師の住まいを再現したコテージなどです。
また岩肌を活かしたクリフプールや屋内スパ、藤棚のあるロジアやビーチカフェなどが整っています。そして半島の北側にはプライベートビーチがありますから、そこで静かな時間を過ごすことができます。

スポンサー

スベティ・ステファン周辺のおすすめ観光スポット

スベティ・ステファンの周辺には見逃せない観光スポットがたくさんあります。そのうちのいくつかをご紹介します。このリゾートに滞在しながら、昼間は少し足を延ばして観光を楽しんでください。

モンテネグロの観光の中心、ブドヴァ旧市街地

スベティ・ステファンから北西に6kmほど行った所にあるブドヴァ旧市街地は、紀元前5世紀に作られた町。今では文化遺産として保存されています。スベティ・ステファンからは車またはボートで行くことができます。
ブドヴァはモンテネグロの観光の中心にもなっていて、ベネチア要塞や聖マリア教会など、歴史を感じさせる古く美しい建造物があり目を惹きます。またこの町には、11kmに延びる海岸があるので日光浴や海水浴を楽しむ行楽客で賑わいます。

スポンサー

高い山に囲まれた世界遺産の港町「コトル」

コトルはスベティ・ステファンから北西に約30km、先に紹介したブドヴァからは北に25kmほど行った所にあります。入り組んだコトル湾に面した小さな町ですが、海岸近くまで山が迫り、その景観は息を呑むほどです。古い建物が大変よく保存され、世界遺産にも登録されています。
コトルは15世紀初頭から18世紀の終わりごろまでベネチア共和国の統治下に置かれていました。そのため、建築面などベネチアの影響を色濃く受けています。見どころは、1166年に建てられた聖トリプン大聖堂や4.5kmに渡ってコトルの町を取り巻いている要塞などです。また町の背後にある丘に立つとコトル湾の壮大な風景を眺めることができます。

野鳥の宝庫「シュコダル湖」ではバードウォッチングや散策を

シュコダル湖は、バルカン半島で最も大きな淡水湖で、スベティ・ステファンから東に25kmほど行ったところにあります。湖の62%は隣国のアルバニアに属します。シュコダル湖は野鳥の宝庫として知られており、バードウォッチングが楽しめます。
その他、湖畔に沿って散策路が整備されているのでハイキングを楽しむこともできます。丘の上には城壁や教会、修道院などの建物が建っています。ぜひ訪ねてみましょう。また季節になるとスイレンの花が咲き美しい景観を造り出します。ボートに乗って湖上の観光を楽しむのも一案です。

山頂からの展望が素晴らしい「ロブチェン国立公園」

ロブチェン国立公園は、スベティ・ステファンから北に40kmほど行った所にあります。その玄関口であるツェティニェは15世紀に築かれ、モンテネグロの文化の中心として栄えてきました。そのため、ツェティニェ修道院博物館、民族誌学博物館、歴史博物館など多くの博物館があります。
ツェティニェの観光が終わったら車でロブチェン国立公園へ移動します。この国立公園では散策をしながらモンテネグロの自然を楽しんでください。見逃せないのが標高1749mのロブチェン山の頂上。ここには司教であり詩人であった「ペタル二世ペトロビッチ・ニェゴシュの霊廟」が作られていて、この霊廟から眼下にコトル湾の絶景が見渡せます。

ロブチェン国立公園はコトルのすぐ東側にあるため、コトルの観光が終わった後に行くこともできます。コトルから直線距離にしたら6km位しかないのですが、険しい山があるため走行距離にすると約30kmにもなります。途中には「コトルサーペンタインロード」と呼ばれるつづら折りの道路があります。少しスリルを味わいたいときにはこのルートを体験するのも悪くないかもしれません。

15世紀に隠れ家として築かれたモンテネグロのスベティ・ステファンは、近年豪華リゾートとして生まれ変わりました。優雅な一室に滞在しながら、ぜひ周辺の旧市街地や世界遺産、そして大自然が残る湖や国立公園を訪ねてみてください。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問1】

1番好きな紅葉の名所を教えてください。

【その他】

【質問2】

選んだ名所の好きなポイントを教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ