ガーデニング

ダリアの育て方

関連キーワード

学名: Dahlia
英名: dahlia
和名: テンジクボタン(天竺牡丹)
科名: キク科
属名: テンジクボタン属(ダリア属)
原産地: メキシコ、グアテマラ

スポンサー

ダリアの特徴

ダリアの花は、華やかで元気な印象の花が特徴的です。
花の大きさは大輪種から小輪種まで様々です。咲き方も一重咲き、変化咲きと多様。花色もカラフルです。最近では、チョコレートの香りのするものや大変大きく育つ皇帝ダリアにもファンがいます。
ダリアは、夏の花と思われがちですが、真夏の暑さは苦手で、真夏を除いて春と秋に咲きます。春植え球根を育てますが、種から育てる矮性のダリアも可愛らしいでしょう。
銅葉系の「ミッドナイトムーン」や「秋桜(アキザクラ)」も寄せ植えに好評で、大輪の「黒蝶」も人気です。
夏の高温や直射日光に気を付けて、病害虫に注意して育てたい花です。

ダリアの詳細情報

園芸分類
球根

草丈・樹高
20〜200cm(皇帝ダリアの品種は3m〜5m)

耐寒性
弱い

耐暑性
強い

耐陰性
夏は半日陰がおすすめ

花色
赤、ピンク、オレンジ、黄、紫、白、複色

開花時期
6月中旬〜7月、9月上旬〜11月

スポンサー

ダリアの育て方カレンダー

時期
3月下旬〜5月に種蒔きをするか、苗を7月中旬の真夏になる前に植え付けます。花は真夏を避けて秋と4月〜6月中旬に長く咲きます。

植え付け
3月下旬〜7月中旬に植え付けます。

剪定
7月の下旬に切り戻すと秋の花が沢山咲きます。

肥料
4月〜6月中旬、9月中旬〜10月中旬の春と秋に追肥をします。

開花
6月中旬〜7月、9月上旬〜11月と長く咲きます。

ダリアの栽培環境

日当たり・置き場所
日当たりと水はけのいい場所がおすすめです。熱帯の高地が原産地のため、夏の暑さにはそれほど強くなく、夏は冷涼な気候を好みます。鉢植えは日陰に移すのがベストです。

用土
水はけのいい土にし、赤玉土7:腐葉土3などがおすすめです。鉢植えの場合は、鉢底に軽石や鹿沼土を入れて水はけを良くします。

スポンサー

ダリアの育て方のポイント

水やり
あまり水遣りをし過ぎると球根が腐ります。鉢植えの場合には、蕾が出来たころから水切れに注意して育てましょう。

肥料
4月〜6月中旬、9月中旬〜10月中旬の春と秋に追肥をすると良く咲きます。液肥または月に1回の置き肥でも大丈夫です。

病害虫
病気は、ウイルス病やうどんこ病、灰色カビ病に注意が必要で、早めにやっつけましょう。
害虫は、アブラムシ、ハダニ、メイガ類が発生しやすく、こちらも早く駆除しましょう。

ダリアの詳しい育て方

選び方
苗を選ぶ場合は葉が元気で、病害虫にやられていない、しっかりしたものを選びましょう。

植え付け
3月下旬〜7月中旬までに植え付けます。200cmまでに大きくなるものもあり、深く穴を掘って、堆肥や腐葉土などを混ぜて植えます。大きくなる品種は株間を広めに取る必要があります。支柱も必要に応じて立てます。

剪定・切り戻し
高く伸びますので、早めに摘心しておくのもおすすめです。6月中旬〜7月、9月上旬〜11月と長く咲きますので、真夏が来る前に切り戻して、新しい花芽を付けるようにするといいでしょう。

植え替え・鉢替え
春に植え替えをするのがおすすめです。球根を掘って、新しい土に植え替えます。


花がらをこまめに摘み取ります。真夏は花は咲きませんが、それ以降も長く咲きます。

冬越し
土の中が凍らない場所ならばそのまま冬越しできますので、盛り土やマルチングで対策をします。球根を掘り上げて、乾燥させて春まで保存することも可能です。

増やし方
球根を春に植え替える際に、分球して増やすのもいいでしょう。成長点のある茎を付けて分球することが大切なポイントです。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ