ガーデニング

植物名: ヒルガオ

2019-09-08

関連キーワード

学名: Calystegia japonica
英名: False bindweed
和名: ヒルガオ(昼顔)
科名: ヒルガオ科
属名: ヒルガオ属
原産地: 日本、ヨーロッパ、アジア太平洋諸島

スポンサー

ヒルガオの特徴

ヒルガオは、一年草の朝顔に似ていますが、ヒルガオ科・ヒルガオ属に分類される多年草です。花は淡い優しいピンク色をしています。一日花で、昼に咲くため「ヒルガオ」となっています。
昼だけ咲くものと、朝から昼まで咲く品種があります。
葉も特徴的で先が丸くなった三角形をしています。つる性ですので支柱やネットに絡みついて生長。多年草で、地下茎がどんどん伸びますので、駆除するのが大変な面があります。
そのため、あまり観賞用に植えている人は少ないでしょう。浜辺で自生している「ハマヒルガオ」をよく見かけます。

ヒルガオの詳細情報

園芸分類
草花

草丈・樹高
50〜200cm

耐寒性
強い

耐暑性
強い

耐陰性
半日陰でも大丈夫ですが、花が咲かなくなります。

花色
ピンク、薄紫

開花時期
6月〜8月

スポンサー

ヒルガオの育て方カレンダー

時期
種から育てる場合は4月〜5月に種を蒔きます。苗も4月頃に植え付けます。追肥をし続けると6月〜8月に長く咲きます。

植え付け
4月頃に植え付けます。

肥料
5月〜8月まで追肥をします。

開花
6月〜8月に開花します。

ヒルガオの栽培環境

日当たり・置き場所
日当たりがいい場所がおすすめです。日当たりが悪いと花が咲かなくなります。

用土
水はけがいい土がおすすめです。腐葉土などの有機質を土に混ぜて植えます。草花用培養土でも大丈夫です。

スポンサー

ヒルガオの育て方のポイント

水やり
乾いたらしっかりやるようにして、水切れには注意します。夏は朝夕の2回水やりをするといいでしょう。

肥料
追肥すると長く沢山咲きます。月に一度の緩効性肥料か週に一度の液肥をやります。

病害虫
病気はあまりかからないのですが、害虫はアカダニやアブラムシに気を付けます。

ヒルガオの詳しい育て方

選び方
苗があまり売られていませんので、種から育てることが多いでしょう。

植え付け
4月〜5月に種に傷をつけて水に漬けて、種蒔きします。4月頃から植え付けると地下茎がどんどん伸びます。逆に広がりすぎないように考えて植え付けましょう。


一日花ですので、枯れた花は摘み取ります。

収穫
種を採る場合は、花をそのままにしておきますが、あまり結実しないことが多いでしょう。

冬越し
多年草で、冬に地上部は枯れますが、地下茎が冬も残り、そのままで大丈夫です。

増やし方
地下茎で増えます。また、種で増やすこともできますので、種を採取できたら、4月〜5月に蒔きましょう。

監修:トマト
毎日いろいろな発見をさせられるガーデニングです。
長年のガーデニング経験から育て方の難しさもそれぞれの植物に学んでいます。
今は多肉植物などにも凝っていて、新しい発見と成長を見ていきたいと思っています。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問1】

1番好きな紅葉の名所を教えてください。

【その他】

【質問2】

選んだ名所の好きなポイントを教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ