景勝地

青森県の名所を満喫した後の買物はここへ行こう! 〜新青森駅ビル、新鮮市場、ワ・ラッセ〜

2019-11-15

関連キーワード

三方を海に囲まれた青森は海産物の宝庫であり、伝統的な工芸品でも知られています。そんな青森を訪れる機会があれば、やはり地元ならではのものを手に入れたいものです。
ここではそれらを購入できるおすすめの買い物スポットを紹介していきたいと思います。

スポンサー

1.新青森駅ビル

東北新幹線の停車駅でもある新青森駅は、まさに青森の玄関口とも言えます。
この駅が入っている新青森駅ビルの1階の東西連絡通路にあるのが「あおもり旬味館」です。
館内には地元青森の食材をふんだんに使った飲食店が並ぶ「地産地消飲食ゾーン」や、特産品をお土産として購入できる店舗が集まった「おみやげ・特産品ゾーン」があり、全体的に津軽地方の代表的な町並みでもある「こみせ通り」の雰囲気を感じさせるデザインとなっています。

青森の食材を使用した飲食店では有名な大間のマグロを堪能できる海鮮飲食店をはじめ、郷土料理やご当地のB級グルメが味わえるお店など、「津軽の食」を楽しむために訪れても十分に満足できる青森のグルメポイントとしても有名なのが、この「あおもり旬味館」なのです。
また、同じエリアには「あずまし広場」と呼ばれるイベントスペースがあり、時期によって色々なイベントが行われているので、「見る」という楽しみ方もできます。

さらに、おみやげ・特産品ゾーンでは60種類にも及ぶ地酒が販売されており、試飲することも可能です。
その他、小山せんべいなどの銘菓もあれば、津軽塗などの伝統工芸品の店もあり、ここだけでも青森の特産品がたくさん購入できます。
また、県内の有名店が期間を限定して毎週開く「旬味市」では、珍しい弁当やスイーツなど、なかなか手に入らない商品が並ぶこともあります。
そのうえ、商品が常に入れ替わっていくので、何度行っても新鮮さが感じられます。
新青森駅ビルは交通の便も良いため、訪れやすいというメリットもありますので、旅の締めくくりにぜひ立ち寄ってみましょう。

2.新鮮市場

青森と言えばやはり新鮮な魚介類という人におすすめなのが「新鮮市場」です。
青森駅のすぐ近くにある「アウガ」という商業施設の地下にある巨大な市場が「新鮮市場」です。
観光客だけでなく地元の人々も多く利用する市場で、新鮮な海産物を扱うお店が20数店舗、干物や乾物を扱うお店が約30店舗、さらに野菜、果物、精肉、和菓子、地酒などを売っているお店もあり、新鮮な海の幸がその場で食べられる店舗もあります。

青森はどの海産物もおすすめですが、中でも特に人気なのが「ホタテ」と「マグロ」です。
ここでは殻付きの生きたホタテが店先に並んでいて、これ以上ない最高の食感を持つホタテが新鮮な状態で手に入ります。
マグロも生のままで市場に持ち込まれており、注文すれば必要な分を切り分けてもらえます。

他にも、春や夏の季節ならトゲクリガニ、サクラマス、メバル、アイナメ、カレイ、ワカメ、ソイ、ウニ、マグロ、ホタテ、海峡サーモン、マイカなど、秋や冬はサケ、イクラ、タラコ、カニ、ブリ、サメ、サバ、タイ、ホッキガイ、マダラ、ミズダコ、ナマコ、シジミ、ヤリイカ、ハタハタなどが入手できます。
もちろん、それらはお土産として買って帰ることが可能です。

また、新鮮な海産物をすぐに食べたいという人には、その場で食べることができる店舗の利用がおすすめです。

・「すし処三國」
寿司や本マグロ丼などの本格的な魚介類が食べられます。

・「丸青食堂」
海鮮丼や焼き魚などが看板メニューのお店です。

・「市場食堂」
三色丼、ウニ丼、焼き魚など、豊富な魚介類を幅広く楽しめます。

市場内には佐川急便やヤマト運輸の営業窓口が設置されているので、購入したものをすぐに発送することもできます。
もちろん、ギフト用に配送することも可能なので、お土産や贈答用にも利用することができます。

スポンサー

3.ワ・ラッセ

「青森らしさを楽しみたい」「青森らしいものを買っていきたい」という人におすすめなのが青森駅の近くで2011年にオープンした「ねぶたの家 ワ・ラッセ」です。
青森の「ねぶた祭」は東北三大祭りの一つとして有名です。
ねぶたははるか1200年前、東北討伐にやってきた征夷大将軍である坂上田村麻呂が、相手を油断させるために笛や太鼓で音楽を奏で、大きな灯篭を飾ったことが起源とされている歴史ある祭です。
「ねぶたの家 ワ・ラッセ」は、そのねぶたを年間通して楽しめ、体験できる場所です。
ワ・ラッセは人々の「和」や市民の「輪」「環」を表す「わ」と、ねぶたの掛け声である「ラッセーラー」の「らっせ」からとった名前です。

ここにはねぶたを見るということだけでなく、ねぶた囃子に使われる太鼓や鉦などを実際に体験することもできるコーナーもあります。
また、踊る方の「跳人(はねと)」を体験することもできます。
未経験の人でも丁寧に指導してくれますので、すぐに踊ることができるようになります。

この施設は、
・ねぶたミュージアム・ねぶたホール
・おみやげ・特産品ショップ
・カフェ、レストラン
・イベントホール
・交流学習室
などで構成されています。
ショップでは青森の特産品やねぶたにまつわるグッズも販売されていますので、ねぶたを体験した後はぜひ覗いてみましょう。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

日本の冬景色で1番きれいだと思う場所を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ