ガーデニング

タマスダレの育て方

2019-11-13

関連キーワード

学名:
Zephyranthes candida

英名:
Zephyranthes(ゼフィランサス)

和名:
玉簾

科名:
ヒガンバナ科(ユリ科)

属名:
タマスダレ属(ゼフィランサス属)

原産地:
南米

スポンサー

タマスダレの特徴

白い剣弁の花を咲かせる球根植物で、ピンと張った細い棒状の葉はノビルとよく似ています。
アルカロイド系の毒があるので食べないよう注意しましょう。南米原産ですが、日本の土壌にもよくなじみ。半野生化しています。

タマスダレの詳細情報

・園芸分類
球根植物(多年草)

・草丈・樹高
20cm〜30cm

・耐寒性
強い

・耐暑性
強い

・耐陰性
日なた〜半日陰でよく育ちます

・花色


・開花時期
5月下旬〜10月

スポンサー

タマスダレの育て方カレンダー

・時期
春に球根で販売されます。また庭植えでよく増えます。

・植え付け
3月〜4月下旬までに植え付けます。庭植え、鉢植えどちらでもかまいません。繁殖力が旺盛で、ほったらかしでも育てやすい植物です。

・肥料
植え付け時に元肥として緩効性肥料を施します。他は特に必要ありません。

・開花
早いものは梅雨前から、晩秋までよく咲きます。一つ一つの花は数日で枯れても、次々と途切れることなく咲いてくれます。

タマスダレの栽培環境

・日当たり・置き場所
庭植えの場合、日なたから半日陰の場所に植え付けます。冬も落葉せず残るので、邪魔にならないよう植える場所を考えましょう。

・用土
水はけと通気性、保水性が保たれていれば特にこだわりません。普通の草花の培養土で鉢植えにするか、庭上なら耕して腐葉土をすき込みます。

スポンサー

タマスダレの育て方のポイント

・水やり
鉢植えの場合、用土が乾いたらたっぷりと与えます。庭植えは降雨があればやらなくてもよいですが、乾燥を嫌うので、晴れた日は水やりしましょう。

・肥料
植え付け時に元肥を入れます。

・病害虫
特に心配いりません。

タマスダレの詳しい育て方

・選び方
普通の園芸店やホームセンターでも入手可能です。増えすぎるので、球根を人からもらうこともあるでしょう。

・植え付け
丈夫な植物なので特に難しくはありません。庭植えや鉢植えで育てます。一年中、葉が残るので、花壇や通路脇などの邪魔にならない場所に植えましょう。

・植え替え・鉢替え
分球しやすい球根植物です。鉢植えの場合、根詰まりするようなら球根を分けて植え替えます。

・花・剪定
花後は切り取ります。また、葉が傷んだものは取り除きましょう。葉が込み合うと蒸れる場合があります。

・収穫
春に分球します。花を残しておけば種子を取ることもできます。

・冬越し
寒さに強い植物です。冬も葉を残し越冬します。

・増やし方
春に球根でよく増えます。落葉しないので、葉がついたまま分球し、4月下旬までに植え付けます。また、こぼれ種でもよく増えるようです。

監修:冥王堂あや
クリスマスローズ専門店「冥王堂」店長。交配、育種にも携わる。2014年「クリスマスローズの世界展」にて、新花コンテスト「特別賞」「ミヨシ賞」を受賞。
(公)日本園芸普及協会グリーンアドバイザー。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢

日本の冬景色で1番きれいだと思う場所を教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ