景勝地

アクティブシニアのスマホ操作事情を調査〜75%はスマホを使いこなしている? 悩みは画面が小さい、文字が読めない、操作がわかりづらい!

2019-11-16

関連キーワード

年々拡大しつつあるスマホの普及率。今や子供から年配の方まで、幅広い世代がスマホを愛用しています。

そんな中、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジン『趣味時間』では、スマホユーザーの男女894人を対象に「操作でお困りのことはありますか?」というアンケート調査を実施して、その中から50歳以上のアクティブシニアの結果を抽出したところ、「困っていることがある」と答えた人は24.9%、「困っていることはない」と答えた人は75.1%であることがわかりました。

スポンサー

アクティブシニアはスマホを使いこなしている?

まず「スマホ操作でお困りのことはありますか?」と質問したところ、50歳以上で「はい」と答えた人は24.9%(107人)、「いいえ」と答えた人は75.1%(322人)でした。
続いて「はい」と答えた人にその理由を尋ねてみると、「アプリを使いこなせない」「タッチしても反応してくれない」などの操作面だけでなく、「料金面が複雑でよくわからない」といった費用に関する悩みを抱えている人も多いことがわかりました。また、「文章が長いと読むのが大変」「字が小さい」など、老眼に悩まされることが多いシニア層ならではのコメントも多く寄せられています。

大手の携帯電話通信会社ではシニア層向けのスマホ教室を開いているところも多いですが、やはり完璧には使いこなせていない人も少なくないのかもしれません。
ただ、割合的には「スマホの操作に困っていない」と答えた人の方が7割以上と大多数に及んでいるので、日常の中でよく使うような基礎的な操作方法は、アクティブシニアにも浸透していると言えるでしょう。

50歳未満は「スマホ操作で困っていることはない」人が8割以上 男女比もほぼ差がない結果に

一方、50歳未満に同じ質問をしてみたところ、「スマホ操作で困っていることがある」と答えた人は11.2%(49人)なのに対し、「困っていることはない」と答えた人は88.8%(389人)でした。結果的に50歳未満の若年層は9割近い人がスマホを使いこなしているということになります。

また、男女別では、男性で「スマホ操作で困っていることがある」と答えた人が20.5%なのに対して女性は16.2%と、微々たる差ではありますが男性の方がスマホ操作に手こずっているという結果となりました。

スポンサー

『趣味時間』でスマホの使い方をチェック

『趣味時間』ではスマホのカメラの使い方についての記事を多数掲載しています。
「孫の写真をきれいに撮りたい」「旅行先で思い出に残るような写真をスマホで気軽に撮影したい」という方は是非ご覧になってみてください。

【調査方法】
調査概要:『スマホ操作でお困りのことはありますか?』
調査期間:2019年10月23日〜2019年10月28日
調査人数:男女894人
調査対象:趣味時間ユーザー
回答件数:894件(有効回答率97%)

【転載・引用について】
本調査の結果の転載・引用は自由です。
転載・引用時には必ず「趣味時間調べ」などのクレジットを明記いただき、可能であれば趣味時間(https://hobbytimes.jp/)にリンクをお貼りください。

スポンサー

    ▲ページトップ