ガーデニング

モントブレチアの育て方

2019-11-19

関連キーワード

学名:
Crocosmia
(Montbretiaは旧学名)

英名:
Montbretia Crocosmia

和名:
姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)、金魚草

科名:
アヤメ科

属名:
クロコスミア属

原産地:
南アフリカ

スポンサー

モントブレチアの特徴

モントブレチアは、オレンジ色のグラジオラスによく似た花で、日本では「ヒメヒオウギスイセン」の名で流通します。
似た名前の「ヒオウギスイセン」とは別の植物なので注意が必要です。
モントブレチア・クロスコミアの名前の由来は、「モントブレチア」は、フランスの植物学者チャールズ・モントブレットから。「クロスコミア」は、ギリシャ語で「サフラン(crokos)+匂い(osme)という意味で、蜜の甘い香りからこの名前がつきました。
繁殖力に優れ、各地で野生ではびこるので、佐賀県では条例で栽培が禁止されているほどです。

モントブレチアの詳細情報

・園芸分類
球根植物(多年草)

・草丈・樹高
60cm〜150cm

・耐寒性
強い

・耐暑性
強い

・耐陰性
日なた〜半日陰を好みます

・花色
オレンジ

・開花時期
7月〜9月

スポンサー

モントブレチアの育て方カレンダー

・時期
夏から秋にかけて開花します

・植え付け
4月〜5月

・肥料
必要ありません

・開花
7月〜9月

モントブレチアの栽培環境

・日当たり・置き場所
日なた〜明るい半日陰で育てます。土壌の乾湿関係なく、勢力旺盛で、ほったらかしでもよく増えます。その繁殖力は条例で禁止されている地域があるほどです。

・用土
特にこだわりません。植えっぱなしで沢山咲きます。

スポンサー

モントブレチアの育て方のポイント

・水やり
たまに降雨があればやらなくてよいでしょう。

・肥料
特に必要ないでしょう。

・病害虫
特にありません。

モントブレチアの詳しい育て方

・選び方
「モンドブレチア」はあまり販売しているところを見かけません。ネット通販がよいでしょう。「ヒメヒオウギズイセン」でも探してみましょう。

・植え付け
4月〜5月、春の成長期に植え付けます。爆発的に増えるので、条例で栽培を禁止されている地域もあるほどです。計画的に育てましょう。鉢植えのほうが無難です。

・植え替え・鉢替え
一度植えたらしばらく放置で構いません。分球して増えたら鉢を分けます。

・花
開花後は切り取ります

・収穫
勢力旺盛に分球します。

・冬越し
落葉して休眠します。

・増やし方
球根で増えます。

監修:冥王堂あや
クリスマスローズ専門店「冥王堂」店長。交配、育種にも携わる。2014年「クリスマスローズの世界展」にて、新花コンテスト「特別賞」「ミヨシ賞」を受賞。
(公)日本園芸普及協会グリーンアドバイザー。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ