五十肩(肩関節周囲炎)についての理解と対処方法

関連キーワード

はじめに

五十肩とは40〜50歳代に生じやすい病気となっており、肩関節周囲炎ともいわれます。五十肩は肩こりとは違い、肩の関節を動かすことで強い痛みが生じてしまいます。今回はこの五十肩について説明し、原因や予防方法を詳しく解説します。

スポンサー

五十肩とは

五十肩とは正式名称を「肩関節周囲炎」と呼んだり、「凍結肩」とも呼ばれたりします。

五十肩は関節痛の1種となっており、年齢を重ねると、肩関節がスムーズに動かなくなる状態のことをいいます。

よく五十肩と同じように四十肩とも言われる場合がありますが、その名の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼んでおり、それぞれの症状に関して差はみられません。

五十肩は全人口の2〜5%がかかるとされており、特に40歳〜60歳の女性に多いとされています。またその他にも糖尿病の人は五十肩になりやすく、10%近く頻度が増加するといわれています。

五十肩の原因

五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こして生じる症状といわれています。

このような炎症は骨折や脱臼など明らかな怪我によって炎症が起こってしまうのではなく、転んだ時に手を勢いよくついてしまったなどがきっかけで軽度な損傷を起こしてしまうため、しばらくしてから五十肩となることが多くみられます。

これらの症状は老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動きにくくなるためといわれているものの、実際の原因に関してはまだ不明となっています。

スポンサー

五十肩の症状

五十肩は発症当初は特に大きなきっかけがなく肩に痛みが発生し、その後、数週間から数か月かけて徐々に、あるいは急速に痛みが増します。

はじめは「なんとなく肩に違和感がある」程度であったものの少しずつ痛みが強くなっていき、「少し動かすだけ強く痛みが出る」や、「夜寝ている時に痛みが出て起きてしまう」などの症状が出てきます。

この時期になると肩の動かせる範囲が狭くなるため、顔を洗えない、寝返りが打てないなどのさまざまな症状が出てきてしまいます。

五十肩の経過にかんしては大きく「急性期」「慢性期」「回復期」に分かれるため、ここではそれぞれの時期と症状を解説します。

1. 急性期:ズキズキと、うずくような痛みがあり、肩の痛みは寝ている時もある
2. 慢性期:動かしたときに、強いつっぱり感があるものの痛みは日中・夜間ともに軽減している。
3. 回復期:動かしても痛みが出なくなり、動かせる範囲も広くなる

五十肩と肩こりとの違い

五十肩と肩こりの違いを説明すると五十肩は「炎症」している状態であり、肩こりは「筋肉疲労」の状態となります。

一般的に肩こりは筋肉の緊張から発症し、血液循環が悪化します。これらの血液循環の悪化は習慣化した姿勢の悪さや、運動不足、ストレスによって筋肉疲労がおこり、張りや痛みを引き起こします。

一方、五十肩に関しては肩関節をとりまく関節包や腱板に炎症が起こる事で痛みが生じると言われおり、肩こりとは原因が異なるため、正しい診断の元、適切な対処をすることが重要となります。

スポンサー

五十肩の治療方法

五十肩の治療方法に関しては大きく分けると以下の3点に分けることができます。

1. 運動療法
2. 温熱療法
3. 寒冷療法

大きく分けると上記の3つに分けられるため1つずつ詳しく解説します。

1.運動療法
五十肩の治療方法としては、まずは「運動療法」を中心としたリハビリを行うようにします。

リハビリの中でストレッチや振り子運動などを行い、肩関節の緊張をほぐし、痛みの軽減と、関節の可動域を広げるようします。

2.温熱療法
温熱療法は肩の血行を良くすることで、痛みを緩和することができます。

温熱療法は主に炎症が治まった慢性期から使用するようにします。

温熱療法は医療機関ではホットパックや、マイクロ波を使用しますが、自宅では入浴や蒸しタオル、温湿布などを使い温める方法があります。

3. 寒冷療法
五十肩で炎症のために痛みが強くある場合には、炎症を軽減するために「寒冷療法」を行います。

寒冷療法としてはアイスパックなどを使用しますが、長時間使用してしまうと凍傷を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

自宅で行う場合は氷を直接あてるのではなく、タオルを1枚引くなどして凍傷を起こさせないことが重要になります。

また、アイスパックなどの代わりに冷湿布を使用して炎症を軽減させるようにします。

五十肩の夜間痛を軽減させるためのポイント

先程も解説した通り、五十肩になると、寝る時にも強い痛みが出てしまう「夜間痛」を生じてしまいます。

この夜間痛のために、寝不足になってしまい精神的も肉体的にも辛い状況になる人も多くいます。

この夜間痛は、布団やベッドなど平らな床にあおむけで寝ると、重力によって肩の位置が押し下げられ関節に負担がかかってしまいます。

五十肩ではない人の場合は、この程度の負担であれば全く問題はないのですが、五十肩の人にとってはわずかの負担で大きな痛みが生じてしまいます。

そのため、夜間痛を軽減させるポイントとしては肩が押し下げられないように、調整することが重要です。

ここでは以下の3つの方法を紹介します。

1. 肩の高さを調整する
2. 痛い方の肩を上向きにして、横向きで寝る
3. 枕の高さを調整する

1.肩の高さを調整する

バスタオルや枕を使用して、肩の高さを調整し、関節に負荷がかからないようにします。

具体的な方法としては肩の後ろや肘にかけてバスタオルや枕を使用して支えを作り肩関節を安定させるようにします。

2.痛い方の肩を上向きにして、横向きで寝る

肩関節は身体の内側に向いている方が負担を少なくすることができるため、痛い方の肩を上向きにして、横向きで寝るのも対処法の1つとなります。

横向きで寝る場合は、肩が押し下げられないよう高さを保つための抱き枕や、丸めたタオルなどを使用すると高さを保つことができます。

3.枕の高さを調整する

枕が高すぎると、首や肩周りの筋肉を引き伸ばされて痛みが出てしまい、逆に枕が低すぎると、首や肩周りの緊張を高めるため肩に負担がかかってしまうため、枕の高さを調整するようにします。

まとめ

今回は五十肩について詳しく解説しました。五十肩の原因は肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こして生じる症状といわれています。

五十肩の症状は以下の3つに分かれます。

1.急性期:ズキズキと、うずくような痛みがあり、肩の痛みは寝ている時もある
2.慢性期:動かしたときに、強いつっぱり感があるものの痛みは日中・夜間ともに軽減している
3.回復期:動かしても痛みが出なくなり、動かせる範囲も広くなる

五十肩の治療方法は以下の3つがあります。

1.運動療法
2.温熱療法
3.寒冷療法

この中で五十肩は夜間痛に悩まされることが多々ありますが、軽減させる方法として以下の方法があります。

1.肩の高さを調整する
2.痛い方の肩を上向きにして、横向きで寝る
3.枕の高さを調整する

今回の記事を参考にして五十肩の理解を深め、少しでも痛みを軽減して下さい。

【経歴】
野田 政誉士
(理学療法士、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級)
約10年前に理学療法士の資格を取得し、病院に勤務。急性期・回復期・生活期までの病期を経験するものの主に回復期リハビリテーション病棟にて臨床業務を実施。
現在は管理職として勤務しており、臨床業務だけではなく管理業務の両方を行っており、病棟の知識だけではなくの知識だけではなく、在宅への介入やマネジメント業務にも力を入れている。

スポンサー

    ▲ページトップ