疲労回復

ひょっとして更年期障害?更年期障害の症状と対処法

関連キーワード

女性は閉経と共に女性ホルモンの分泌が減ると、体にさまざまな症状が出ることがあり、更年期障害とよばれています。
更年期障害の症状は、ほてりや頭痛、めまい、肩こりなどの身体的なものから、落ち込みや不安、うつなどの精神的なものまであり、人によって程度も違います。
更年期障害は女性に起こるものと思われる傾向がありますが、最近では男性の更年期障害も注目されています。

今回は更年期障害の症状や対処法について、また男性の更年期障害についてもわかりやすくまとめます。

スポンサー

更年期障害とは?

1年間、月経(生理)がない状態を閉経といいます。日本では閉経の平均年齢は約50歳で、前後10年間のことを更年期とよびます。
女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは卵巣から分泌され、20-30歳代でピークを迎えます。
しかし、40歳代になると女性ホルモンの分泌が急激に低下するので、それに伴い体の不調だけでなく、心の不調を感じることがあります。
このように女性ホルモンの分泌の低下に伴って、さまざまな症状が出ることを更年期障害とよびます。
症状も、症状の程度も人それぞれで、なかにはほとんど症状を感じない人もいます。
一方で、更年期障害の症状が重く、日常生活に支障をきたす人もいます。

更年期障害の症状とは?

更年期障害の症状には、大きく分けて身体的症状と精神的症状があります。
更年期障害の症状は多岐にわたるので、一概にこの症状がある場合は更年期障害であると判断はできません。
主な身体的症状としては、ほてり、のぼせ、頭痛、肩こり、腰痛、発汗、動悸、冷え、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、関節痛、皮膚のかゆみや乾燥、頻尿、性交痛などが挙げられます。

主な精神的症状としては、抑うつ、不安、不眠、無気力、いらいらなどが挙げられます。なかには、更年期障害によってうつ病を発症し、死にたくなってしまう人もいるので注意が必要です。

スポンサー

更年期障害かもしれないと思ったら何科を受診すべき?

年齢や生理不順などから自己判断で更年期障害だと判断してしまう人も多いです。
症状が軽く、日常生活に問題がない場合には様子をみてもよいこともありますが、症状が重い場合には婦人科を受診するという選択肢もあります。
症状だけでなく、血液検査などを行い、本当に更年期障害による体や心の不調であるかどうか診断してもらうことができます。
なかには、更年期障害だと思っていたら違う病気が隠れている可能性もあります。
一方で、体の不調を感じて内科や耳鼻科、脳外科などを受診しても異常がなく、最終的に更年期障害と診断される場合もあります。

更年期障害の治療法は?

更年期障害の治療法には、漢方薬の内服やホルモン補充療法があります。
ホルモン補充療法とは、更年期障害が女性ホルモンの急激な低下によって起きることがわかっているので、ホルモンを外から補充して症状をやわらげる治療法です。
ホルモン補充療法で使用するホルモン剤にはさまざまなものがあり、内服薬だけでなく、皮膚に塗るジェル剤や皮膚に貼るパッチ剤もあります。
漢方薬は、症状に合わせて併用すると効果的なことがあります。なかには、漢方薬だけで症状が改善する人もいます。不眠や不安、抑うつなどの精神的な症状に対しては、睡眠薬や抗精神病薬が有効な場合もあります。

ただし、ストレスや性格的なものによって更年期障害の症状が出やすい人もいるといわれています。そのような場合には、薬だけの治療だけでなく、カウンセリングなども検討した方がよいと考えられています。

スポンサー

男性にも多い更年期障害とは?

更年期障害というと女性によく起こるイメージがあるかもしれません。
しかし、最近では男性の更年期障害も注目されています。
30歳代後半から50歳代の働き盛りの男性に起こりうる病気で、更年期障害だと気付かずにさまざまな症状で悩んでいる人もいるといわれています。
加齢と共に男性ホルモンの分泌が徐々に減少している場合には、更年期障害の症状が少しずつ出てくることがあります。

一方で、ストレスや環境の変化などにより男性ホルモンが急激に低下し、症状が出る場合もあります。
主な症状は、ほてり、のぼせ、動悸、発汗、めまい、耳鳴り、不眠、倦怠感、頭痛、不安、うつ、イライラ、もの忘れ、性欲低下、筋肉量の低下、勃起力低下、頻尿などです。
受診すべき科は泌尿器科で、診断のために血液検査で男性ホルモンの量が低下しているかどうか調べます。
治療法は、女性の更年期障害と同様に漢方薬やホルモン補充療法などです。

まとめ

女性は閉経に伴う女性ホルモンの急激な低下によって、体だけでなく心の不調が起きることがあります。
更年期障害の症状や程度は人によってさまざまですが、放っておくと日常生活に支障をきたすこともあるので要注意です。
最近では、女性だけでなく男性の更年期障害も注目されています。女性でも男性でも、今回挙げたような症状で悩んでいる人は一度医療機関を受診してみてもよいかもしれません。

監修:大塚真紀(医師・医学博士)
学歴:東京大学大学院医学系研究科卒。
専門:内科、腎臓、透析の専門医。

自己紹介
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。

スポンサー

    ▲ページトップ