筋肉

腰痛の原因は?知っておきたい腰痛に対する対処法3つ

関連キーワード

腰痛の原因は、明らかな病気によるものとそうでないものに分けられます。
明らかな病気によるものは全体の約15%で、それ以外では運動不足や筋力低下、疲労、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。
多くの人が経験することのある症状として知られる腰痛ですが、今回は腰痛の原因や対処法についてわかりやすくまとめます。

スポンサー

腰痛の起きる原因とは?

腰痛が起きる原因としては、筋肉や骨、血管などさまざまなものが考えられます。
複数の要因によって症状が出ている可能性もあります。腰痛の原因は特定できないことも多く、明らかな病気が原因であると診断がつけられるものは全体の約15%ともいわれています。
腰痛を引き起こす病気で代表的なものは、椎間板(ついかんばん)ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、骨粗しょう症、筋筋膜性(きんきんまくせい)腰痛などです。
腰部脊柱管狭窄症と骨粗しょう症は高齢者に多い病気として知られています。腰部脊柱管狭窄症では、加齢によって背骨や背骨の間のクッションの役割をしている椎間板(ついかんばん)に異常が起き、神経の通っている脊柱管が狭くなることで足のしびれや痛みなどの症状が出ます。
骨粗しょう症は、骨の密度が低下して骨がすかすかの状態になり、骨折しやすくなる病気です。
骨粗しょう症では、しりもちやくしゃみ、咳などでも骨折することがあります。
背骨に骨折が生じると、慢性の腰痛という症状が出ます。 腰痛の他の原因として、背骨の腫瘍や炎症、感染なども考えられますが、腰以外に原因となる病気があることもあります。例えば、解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)などの血管の病気、胆のうやすい臓などの消化器の病気、子宮内膜症などの婦人科の病気、尿路結石などの泌尿器の病気、心因性の病気などでも腰痛が起きます。 一方で、腰痛の約85%は原因不明といわれており、医療機関で画像検査をしても痛みの原因がわからないことがあります。長期間の姿勢の悪さ、運動不足による筋力低下、寒さによる筋肉の硬直、疲労、ストレスなどが原因として考えられます。更年期障害の症状は多岐にわたりますが、動悸、めまい、発汗、頭痛などと共に腰痛はよく起きる症状のひとつです。

腰痛を起こしやすい職業や生活習慣は?

腰痛は、働いている環境や生活習慣によって引き起こされることが多いといわれています。
実際に、労働災害全体の約60%以上が腰痛です。例えば介護や看護の職場では、体の不自由な高齢者や患者を持ち上げたり、移動を介助することが多く、体に負荷がかかりやすいため腰痛がよく起きることがわかっています。
一方で、同じ姿勢をとっている時間が長い職場でも腰痛が起きやすいです。
具体的には、デスクワークが多い人やタクシー運転手、長距離輸送トラックの運転手などが挙げられます。
職種に関係なく、職場でストレスが多いことも腰痛の原因になることがわかっています。
腰痛を起こしやすい生活習慣としては、運動不足、喫煙が挙げられます。

スポンサー

腰痛になったらどうしたらよい?腰痛対策3つ

腰痛になった場合は、すぐに医療機関を受診してもよいですが自分で試せる方法もあります。今回は腰痛の対処法を3つ挙げます。

1.市販薬を内服または貼付する
腰痛に対する市販薬の飲み薬には、痛み止めやビタミン剤があります。
ビタミンのなかでも、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンEなどには筋肉や神経の代謝を良くする効果を期待できるので筋肉疲労や血行不良による腰痛に効くかもしれません。
腰痛に対する痛み止めは飲み過ぎると胃が荒れたり、腎臓を悪くすることがあるので用法用量を守り、長期間内服するのは避けましょう。
他の病気で医療機関から痛み止めが処方されている場合には、自己判断で市販薬を内服すると1日の内服量の上限を超えてしまう危険性があるので担当医や薬剤師に相談するようにしてください。
市販薬の湿布を腰の痛い部分に貼ってみてもよいでしょう。一般的に急性の腰痛には冷湿布、慢性の腰痛には温湿布がよいといわれています。皮膚がかぶれてしまう人もいるので、皮膚に赤みや腫れなどの異常が出たらやめましょう。

2.日常生活を見直す
運動不足や姿勢の悪さ、喫煙など腰痛を引き起こす生活習慣がある場合には見直すようにしましょう。
ストレスや筋肉の疲労なども腰痛の原因になることがわかっているので、十分な睡眠や入浴などを心がけるとよいかもしれません。
ドラッグストアや薬局などで腰のサポーターを購入することもできるので、腰に負担のかかる仕事をしている人は試してみるのも一つの方法です。

3.医療機関を受診する
腰痛が長引く場合や痛みが強い場合、腰痛以外のしびれ、筋力低下などの症状もある場合、市販薬やサポーターなどを試してみても改善しない場合には、早めに医療機関を受診するようにしてください。
なかには、腰以外の病気で命に関わるものが隠れていることもあります。

まとめ

腰痛は、ほとんどが原因不明であるといわれています。
一方で、腰やその他の部分に明らかな病気が見つかる場合は約15%です。
なかには命に関わるような病気が隠れている可能性もあるので、腰痛が長引く場合や痛みが強い場合、腰痛以外の症状もある場合、市販薬やサポーターなどを試してみても改善しない場合には、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

監修:大塚真紀(医師・医学博士)
学歴:東京大学大学院医学系研究科卒。
専門:内科、腎臓、透析の専門医。

自己紹介
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。

スポンサー

    ▲ページトップ