慢性腰痛の治療と効果的な薬

関連キーワード

はじめに

腰痛はある程度の年齢の方であれば一度や二度は経験したことがあるかと思います。
しかしその後の経過は、すぐに治ってしまう方と何度も腰痛を繰り返したり慢性的な腰痛持ちになってしまう方に分かれます。

今回は、腰痛が慢性化してしまう原因とそれに対する正しい治療法をご紹介するとともに、腰痛に効果のある薬についてご紹介します。

スポンサー

慢性的な腰痛はなぜ起こる?

腰痛が慢性化してしまう主な理由をご紹介します。

■体が硬い
身体が硬い方は、腰痛が慢性化しやすい傾向にあります。
私たちは、顔を洗うときやズボンを着脱するとき、落としたものを拾うときなど一日に何度も前かがみになったりしゃがんだりします。
そのとき腰と同時に股関節も曲げることになりますが、股関節周りの筋肉が硬く動きが小さいとその分腰に負担がかかり、いつまでも傷めている腰への負担を軽減することができません。
普段から腰への負担が大きくならないように、股関節や膝関節をうまく使った動き方ができると腰痛も早く治り、再発防止にもつながります。

■筋力不足
腹筋や背筋、そして下半身の筋力が不足している方は、腰痛が慢性化しやすい傾向にあります。
腰の動きをコントロールしているのは、身体の前面にある腹筋群と背面にある背筋群です。
その二つがバランスよく働くことで腰をしっかり安定させた状態で曲げたり反らしたりすることができますが、腹筋や背筋が低下していると腰が安定しないため、腰痛を起こしやすくなります。
また、重たいものを持ち上げたりすることの多い方は下半身の筋力も重要になります。
腰の筋肉に比べて、太ももやお尻の筋肉は大きな力を発揮するのに適した構造になっています。
重労働をする際には、腰をしっかり安定させておいて下半身の筋力をしっかり使って動く方が腰に優しく、効率のよい動きができます。

■過度の負担
柔軟性や筋力を高めても、座りっぱなしや立ちっぱなしでの不動や重たいものを扱う重労働が続くと腰痛を免れることが難しくなります。
同じ姿勢がずっと続く場合には、最低でも1時間に1回程度は腰回りを中心に動かすように軽い体操をしたり、重労働が続く場合は、何日かに1回は休息日を作るなど計画的に負担を軽減させることが必要です。

慢性腰痛の治療法は?

慢性化してしまった腰痛を改善させるために効果的な対策をご紹介します。

■適度な休息をとる
腰痛が慢性化している場合、炎症が完全に落ち着く前に負担をかけて炎症を再燃させてしまうということを繰り返していることがあります。
休みなく毎日同じような姿勢の作業をすることや重労働を続けることは避け、一度炎症がしっかり落ち着くまで休息を設けることも心がけましょう。

■ストレッチをする
筋肉の疲労がコリとなって痛みの原因になっている場合や体の柔軟性不足により腰の負担が大きくなって腰痛が慢性化している場合には、筋肉をゆっくり伸張するストレッチが効果的です。
朝、活動を開始する前や活動後、入浴後などにストレッチをすることで筋肉が柔らかくなり、症状が緩和します。

■体を温める
筋肉疲労によるコリ、そして冷えると腰が痛くなるという方は入浴などで体を温めることも効果的です。
体を温めることで全身の血流がよくなるので、疲労物質の排出が促され、筋肉の緊張も緩和します。
ただし、炎症が強い症状増悪直後などに温めるとかえって炎症をひどくさせることになりますので、鋭く強い痛みや熱感、腫れなどを感じる場合は温めることは控えてください。

■筋力トレーニングをする
筋力不足が腰痛の原因となっている方は、筋力トレーニングが必要です。
筋力トレーニングと言っても、やみくもに足腰をトレーニングすればよいわけではありません。
最も大切なのは、腹筋と背筋をバランスよく鍛えて腰(体幹)の安定性を高めること、そして腰を安定させた状態で下半身の筋力をしっかり発揮できることです。
重量物を無理に持ち上げるような腰に負荷の大きいトレーニングをいきなり始めると余計に腰を傷めてしまう可能性があります。
筋力やその方の特徴に応じて様々なトレーニングメニューがありますので、不安な方はトレーニングジムなどで専門家に腰痛対策のトレーニングを指導してもらいましょう。

■サポーターなどを使用する
仕事などで腰への負担がなかなか減らせない時、ストレッチや筋トレなど腰痛改善のためのケアをしているけれど思うように症状が改善しないときにはサポーター(腰椎ベルト、骨盤ベルト)を使用することも効果的です。
装着することで腰の動きが抑えられるため患部の負担を減らすことができるほか、腹筋や背筋の代わりになって腰を支えてくれるので、筋力不足を補う役割もしてくれます。
ぎっくり腰のような急性期の強い痛みを伴うときは、常時装着して腰の安静を保ち、ある程度症状が落ち着いている慢性的な腰痛の場合は、外出時や重労働のときだけ装着して負担の少ない自宅内では外すようにするなど自分の腹筋や背筋でも腰を支えられるようにしていきましょう。

■薬を使用する
腰痛に対して薬を使用するのは抵抗があるという方もおられますが、腰痛を慢性化させず迅速に治すためには薬の使用が効果的であることもおおいにあります。
どの薬も長期的に使用するよりは症状が落ちついたら使用を中止できるのが望ましいですが、自分の治癒力だけではなかなか治らないというときには検討しましょう。
腰痛に対する薬の使用についてはこのあと詳しくご紹介します。

スポンサー

慢性腰痛に効果のある薬は?

慢性腰痛に対して効果のある飲み薬の種類と適応をご紹介します。

■消炎鎮痛剤
消炎鎮痛剤とは一般的にいう「痛み止め」で、炎症と痛みを抑制する効果があります。
「湿布」として使用されているものも成分は同じ消炎鎮痛剤ですが、内服薬は口から血管を介して全身に届き、湿布は貼付した部位の皮膚を介して薬の成分が浸透していきます。
ぎっくり腰や悪化したばかりで炎症の強い腰痛に対して最も効果的ですが、慢性腰痛症の場合も、痛みの受容体をブロックする対症療法として効果的なので、普段よりも痛みが強いときやどうしても腰痛を感じたくない大切な日などに使用すると快適に過ごすことができます。
ただし根本的な治療にはならず、長期間服用を続けて痛みをごまかしながら過ごすことはおすすめできませんので、腰痛の原因に対する治療もきちんと行いましょう。

■筋弛緩剤
筋弛緩剤は筋肉の緊張を和らげる効果があります。
慢性腰痛の場合、周りの筋肉がこわばって症状がでていることがありますので、マッサージやストレッチで筋肉がほぐれると楽になるような症状のときにはこの薬が有効です。

■ビタミン剤
体内のビタミンが不足すると疲労物質がたまって筋肉のコリが生じたり、神経障害が起きたりします。
ビタミン剤は、エネルギーの代謝や神経の働きを正常に整えることを助ける役割をするので筋疲労による腰痛を緩和したり、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症による神経痛の緩和に適しています。

ビタミンの中でも腰痛の緩和につながるのが、ビタミンB1、B6、B12といったB群ですが、それらの成分が効率よく配合されているのが第3類医薬品の「康隆」です。
また康隆には、軟骨成分であるコンドロイチンも医薬品承認基準の最大量含まれているので、加齢に伴って摩耗する腰や膝の軟骨の生成を促します。
筋肉や神経由来の痛みだけでなく、軟骨の擦り減りにより起こる変形性脊椎症や変形性膝関節症の痛みにも効果が期待できます。
実際、腰痛は筋肉由来、神経由来、軟骨由来と痛みの原因を特定しにくく混在していることも多いので、万能薬である康隆はそれらに対するオールインワン商品として多くの方に愛されています。
1日3回2錠ずつ服用するだけという手軽さも好評の理由です。

おわりに

今回は慢性腰痛症の原因と対処法、加えて内服薬の使用についてご紹介しました。
慢性化している腰痛、繰り返す腰痛には必ず原因があり、それぞれのウィークポイントや習慣を改善すれば治る腰痛になっていきます。
いままで治すことをあきらめてきた方も今回の内容を参考にしていただき、是非腰痛を治癒させていただきたいと思います。

■プロフィール

監修:いきいき100歳応援中(理学療法士)
専門:整形外科疾患、介護予防分野
自己紹介
二児の母でもある理学療法士。整形外科疾患、介護予防分野を専門とし、病院勤務の傍ら健康や医療に関する記事を執筆している。

スポンサー

    ▲ページトップ