キルティング

キルティングで世界に一つだけのアイテムを 初心者さんも安心。作り方のコツや基本知識

関連キーワード

色とりどりの布を使ってキルティングを始めてみませんか?
子どもの通園バッグや体操袋などの素材に使われることが多いキルティング生地。既製品も多いですが、ひとつひとつキルトを手作りすれば、世界に一つだけのアイテムに仕上げることができます。

今回はそんなキルティングの歴史や魅力、趣味として始める前に知っておきたい基礎知識などをまとめてみました。

《目次》
■キルティングとは
■キルティングの魅力とメリット
■キルティングの基礎知識
■キルティングに必要な道具
■初心者は何からはじめればいいの?
■もっとキルティングについて知りたい!
■まとめ

スポンサー

キルティングとは

キルティングとは、布と布の間に綿や羽毛、毛糸の屑などを挟んで、重ねた状態で縫い合わせることを言います。そうして完成した布地はキルトと呼ばれています。

キルトの語源は、ラテン語で「物が詰まっている袋」という意味です。諸説ありますが、もともとはエジプトやロシア、中国などで、防寒用や敷物として使用されたのが始まりで、その後ヨーロッパに広まったと言われています。
ヨーロッパの寒冷地では、寒さを凌ぐためにキルトをベッドカバーにする習慣が根付いていて、今でもキルトという言葉がベッドカバーを意味する地域もあるとか。
日本では子どもの通園や習いごと用のバッグ、体操服を入れる巾着袋などの素材によく使われているキルトですが、もともとは保温や防寒としての意味合いが強かったようです。

キルティングの魅力とメリット

キルティングの魅力を簡単に説明しましょう。

・実用性の高い生地に仕上がる

2枚の布の間にキルト芯を挟んで縫い合わせるキルティング生地は、通常の布地に比べて実用性が高いのが魅力です。
先ほども紹介したように保温性や防寒性も高いですし、布の間に挟まれたキルト芯にクッション性が生まれるため、荷物を衝撃から守ってくれます。また、厚みがある分耐久性に優れているため、キルティング生地で作ったアイテムは長持ちしやすいという特徴もあります。

・手芸初心者でも手軽に始められる

手芸初心者も気軽に始められる点もキルティングの魅力のひとつです。生地を2枚合わせてもミシンを使えば簡単に縫い合わせることができますし、手縫いの場合も特別な技術は必要ありません。
針は手芸店で専門のものを購入することをオススメしますが、布地やキルト芯などの道具は100円均一ショップでも簡単に手に入るので、初期費用も抑えられます。

スポンサー

キルティングの基礎知識

キルティングには通園バッグで使われてるような特徴的なものから、ハワイアンキルトなどの芸術性が高いものまでたくさんの種類が存在します。ここでは代表的なキルティングをいくつか紹介していきましょう。

・ヨーロピアンキルト

寒さをしのぐために布と布の間に綿を挟んで縫い合わせたという起源を持つ、ヨーロッパ発祥のキルティング生地のことです。ベッドカバーやシーツに使われることが多く、色々な技法が存在します。最近はアンティーク調や欧米らしいクラシックなデザインのものをヨーロピアンキルトと呼ぶこともあるようです。

・アメリカンキルト

イギリスから伝来し、アメリカで独自の発展を遂げたキルティング生地です。ブロックスタイルで仕上げるのが特徴で、日本でパッチワークに使われている布地のほとんどはアメリカンキルトです。

・ボルティモアキルト

1840〜50年ごろに、アメリカのボルチモアという都市に住む女性たちが作ったアルバムスタイルのキルティングのことです。花かごや写実的に描かれた建物や船などの風景がモチーフとして用いられていて、多くは贈り物や結婚のお祝いとして作られました。

・ハワイアンキルト

ハワイで独自に発展したキルティング生地です。海の生き物やパイナップル、南国に咲く花など自然のものをモチーフとして使うのが特徴で、クッションカバーやコースターなどに活用されています。

キルティングに必要な道具

続いては、キルティングを始める前に揃えておきたい道具を紹介していきます。

・キルト針

キルト針とはキルティング専用の針のことで、厚みのある生地を縫うためのものです。一般的な縫い針よりも細くて短いのが特徴ですが、いろいろなサイズのものが販売されてるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。ちなみに初心者の方には太さが0.5〜0.7mm位、長さが3cm前後のものが使いやすいのでおすすめです。

・糸

糸はキルティング用かパッチワーク用の手芸糸を選びましょう。どちらも摩擦に強く、滑らかになるように特殊な加工が施されているので、キルティングには最適です。

・キルト芯

キルト芯は生地に張り付けたり縫い合わせたりすることで、ふっくらとした厚みを作り出す役割があります。
基本的にはアイロンで接着するタイプと縫い合わせるタイプの2種類ありますが、初心者の方にはより使い勝手が良い前者の方がおすすめです。
キルト芯は手芸品店だけでなく、100円均一ショップなどでリーズナブルに購入することができます。

スポンサー

初心者は何からはじめればいいの?

初心者の方はまずはコースターなど小さなアイテムからキルティングを始めてみることをおすすめします。
手芸が得意ではない方は、手縫いではなくミシンを使ってみても良いでしょう。
布もかわいらしいデザインに物を購入してももちろん良いですが、最初は余ったハギレなどを再利用して使ってみるのも良いと思います。

もっとキルティングについて知りたい!

もっとキルティングについて詳しく知りたいという方は、ぜひ下記の記事もチェックしてみてください。

キルティング記事一覧
https://hobbytimes.jp/m_category/quilting/

また、より本格的な技術を学びたいという方は、手芸教室に通ってみるのもおすすめです。本屋さんや手芸品店ではハウツー本も販売されているので、興味がある方はぜひ手にとってみてください。

まとめ

ここまで趣味としてキルティングを始める前に知っておきたい基礎知識を紹介してきました。
手軽に始められて幅広いアイテムに活かせるキルティングを、ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。
ぜひチェックしてみてください。

スポンサー

    ▲ページトップ