日本史

大人の趣味として始める「歴史」 初心者でも安心の知っておきたい基礎知識をご紹介

関連キーワード

大河ドラマや映画を見て「歴史をもう一度勉強してみたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。
子どもの頃のように授業で学ぶことはできませんが、大人だからこそ“趣味”として歴史を始めることはできます。
今回は、そんな趣味としての歴史の学び方について、知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

《目次》
■歴史とは
■歴史の魅力とメリット
■歴史の基礎知識
■歴史に必要な道具
■初心者は何からはじめればいいの?
■もっと歴史について知りたい!
■まとめ

スポンサー

歴史とは

歴史を紐解くことは、はるか昔から行われてきた偉大な事業です。
私たちは子どもの頃に日本史や世界史として歴史を学びますが、「歴史なんて勉強しても意味がないのでは?」と考えたことがある方もいるのではないでしょうか。
実際に学生の時は、受験やテストのためだけに歴史を暗記して、それが窮屈に思えていた方も多いかもしれません。しかし大人になってから再度歴史に触れてみると、学生の時とは違った気持ちが芽生えることもあるでしょう。

大人になってからの歴史の勉強は、ある意味とても自由です。
好きな武将について徹底的に調べても良し、お城巡りをするも良し。大河ドラマや映画を見て、その時代背景を調べてみるだけでも充分有意義な歴史の勉強と言えるでしょう。

歴史の魅力とメリット

歴史の魅力やメリットを簡単に紹介します。

・旅行がより楽しくなる
歴史を学ぶと、今まで行ったことがある場所でも、寺社や史跡、お城などを巡るときに、また違った視点で見ることができます。日本史・世界史に関係なく、歴史を学ぶことで、国内外の旅行がより有意義なものになるでしょう。

・生涯の趣味になる
歴史と一概に言っても、その内容は広く深く、追及するとキリがありません。国内の歴史だけでも学ぶことは数多くあり、飽きることなく生涯の趣味として楽しむことはできます。

スポンサー

歴史の基礎知識

戦国武将であれお城であれ、歴史を学ぶうえで必要不可欠な知識となってくるのが時代背景です。
世界史でも同じことが言えますが、特に日本の歴史は実際に史跡や美術館を気軽に見に行けるということもあり、より深く知るためには時代背景を理解しておくことが求められます。

日本の時代と聞いて、どの時代を一番先に思い浮かべるでしょうか。もちろん人によって違うでしょうが、例えば『水戸黄門』『暴れん坊将軍』などの国民的な歴史ドラマの舞台となった江戸時代や、日本が大きく変わった明治時代を思い浮かべる方は多いでしょう。
その時代が長ければ長いほど学ぶこともたくさんありますし、前後の時代を一緒に学ぶことでまた違った視点で勉強することができます。
例えば戦国武将や偉人など、ピンポイントで歴史を学びたいという方は特に、彼・彼女たちが生きた時代背景も一緒に学ぶとより深いところまで触れることができますよ。

歴史に必要な道具

歴史に必要な道具は特にありませんが、強いて言えば本が挙げられるでしょう。
書店に行くとたくさんの歴史に関する書籍が販売されていますし、歴史系の雑誌も多種あります。ノンフィクション・フィクション問わず歴史を題材にした漫画も最近はたくさん出版されているので、そういったものも読んでみると、また違った歴史観を得られるかもしれません。

「本がたくさんありすぎて何が良いのか分からない」という方も多いかもしれません。
その場合は、図書館に行ってみるのも一つの手です。パラパラと流し読みして興味を持てそうなものをピックアップしても良いですし、じっくりと読んで造形を深めても良いでしょう。

スポンサー

初心者は何からはじめればいいの?

初心者はまず、気になる対象を見つけることから始めることをおすすめします。
例えば大河ドラマを見て、ざっくりと「この時代が気になるな」と感じたら、登場人物の中で心惹かれた人を何人かピックアップしてみましょう。
最初はそんなに好きではなくても、調べていくうちに好きになることもあるので、一人に絞る必要はありません。
その生涯を調べていくうちに、その人に関わった人物もたくさん登場しますので、自然と知識が増えていき、また違った興味が生まれます。
もちろん、戦国武将なら戦国武将というくくりで、広く調べて勉強するのも良いでしょう。

もっと歴史について知りたい!

歴史をより詳しく学びたいという方は、ぜひ下記の記事もチェックしてみてください。

歴史の記事一覧
https://hobbytimes.jp/category/?cat=5

もっと本格的に歴史を学びたいという方は、書店や図書館で資料を探してみるのも良いでしょう。
また、最近は歴史教室や史跡などを巡る歴史散歩なども開催されているので、そういったイベントに参加してみるのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
歴史と言ってもいろいろな分野がありますので、戦国武将や徳川将軍など人物にこだわる必要はありません。
例えば食や文化、芸術、工芸など、同じ歴史というくくりでも違った観点からアプローチできる分野がたくさんあるので、ぜひ気になるものを深く学んでみてください。
きっと有意義な時間が過ごせますよ。

スポンサー

    ▲ページトップ