関節痛

ストレッチで体をしなやかに。初心者が知っておきたいストレッチの基礎知識まとめ

関連キーワード

体を柔らかくしなやかにするほか、肩こりの改善やダイエット効果も期待できる「ストレッチ」。「興味はあるけど専門的な知識が必要なのでは?」「何の動作が自分に合っているのか分からない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにストレッチは、スポーツの分野では専門的な知識を基に活用されていますが、実は自宅で簡単にできるものも数多くあります。そこで今回は、初心者の方向けにストレッチの魅力や基礎知識などを紹介していきます。

《目次》
■ストレッチとは
■ストレッチの魅力とメリット
■ストレッチの基礎知識
■ストレッチに必要な道具
■初心者は何からはじめればいいの?
■もっとストレッチについて知りたい!
■まとめ

スポンサー

ストレッチとは

ストレッチとは、関節や筋を伸ばすことで、筋肉の柔軟性を高めるエクササイズのことです。
スポーツの世界で幅広く活用されており、準備運動やリハビリ、疲労回復のために用いられています。

そもそもストレッチ自体は、アメリカ・カリフォルニア出身のボブ・アンダーソンによって考案されました。
彼は自身の経験をもとにストレッチのメソッドを作り上げ、それをまとめた本『STRETCHING(ストレッチング)』を1975年に妻とともに出版。
世界19か国で翻訳・販売され、世界中にストレッチの概念を知らしめました。

ストレッチは長い歴史を持つピラティスやヨガと比べると、まだ歴史が浅くはありますが、その分現代の医学や解剖学に通ずるところが多いため、確かな効果やメリットが得られやすいと言われています。
最近は身体面だけでなく、リラクゼーション効果など精神面へのメリットも見出されています。

ストレッチの魅力とメリット

ストレッチの魅力やメリットを簡単に説明しましょう。

・さまざまな効果が期待できる
筋肉の柔軟性を高めるストレッチは、健康増進や体質改善、基礎代謝アップなどさまざまな効果が期待できます。
基礎代謝が上がり、血行が良くなると冷え性改善やダイエットにも効果が見込めるので、足先が冷たくて悩んでいる女性や体型が気になる方には最適です。
また、ストレッチ後は副交感神経が働き、リラックスした状態になるため、寝る前に行うことで睡眠の質を高めてくれます。
ほかにも毎日続けることで、疲労回復や肩こり・腰痛の改善、老化予防など、いろいろな効果が見込めます。

・自宅で気軽に行うことができる
ストレッチを行ううえで、広いスペースや特別な道具は一切必要ありません。
特別な技術も基本的には必要ないので、自宅で気軽に始めることができます。ローコストで始められるのも魅力的ですね。

スポンサー

ストレッチの基礎知識

ストレッチを始めるうえで、知っておきたい基礎知識をすこしご紹介しましょう。

・目的の筋肉を意識しながら行う
ストレッチにはいろいろな種類の動作がありますが、それぞれ目的とする筋肉は異なります。
目的とする筋肉を意識しながら行うことで、効果は倍増するとも言われているので、なるべく意識を集中させるように心がけましょう。

・適度な強さで行う
身体が硬い方は特に、即効性を求めて強い力でストレッチをしてしまう傾向があります。筋肉は強すぎる力で伸ばしてしまうと、逆に緊張してしまう性質があるため、適度な強さで行うことが大切です。

ストレッチに必要な道具

ストレッチに必要な道具は特にありませんが、最低限「ヨガマット」「スポーツウエア」は用意しておくことをおすすめします。

・ヨガマット
ヨガマットは、固い地面や床から体を守ってくれるので、自宅でストレッチを行うなら1枚用意しておくと便利です。一般的なサイズは縦60cm×横180cm位ですが、ほかにもいろいろなサイズのものがあるので、ぜひ体に合ったものを選んでみてください。

・スポーツウエア
スポーツウエアではなくても、動きやすい恰好ならOKですが、その際はなるべく伸縮性に優れていて動きやすい服装を選ぶようにしましょう。あまりタイトで締め付けが強い服装の場合、ストレッチの効果が半減してしまう恐れがあります。

スポンサー

初心者は何からはじめればいいの?

初心者は簡単な動作のストレッチから始めましょう。
先ほども紹介したように、ストレッチはそれぞれ目的とする筋肉や効果が異なるので、まずは気になる部位や不調な部位に効きそうなストレッチを探すことが必要となります。
また、ストレッチは毎日続けることが大切なので、最初から難しい動作を行うのではなく、無理のない範囲で続けられるようなものを選ぶようにしましょう。

もっとストレッチについて知りたい!

ストレッチについてより詳しく知りたいという方は、ぜひ下記の記事も参考にしてみてください。

ストレッチ記事一覧
https://hobbytimes.jp/m_category/arthralgia/

また、もっと本格的にストレッチについて学びたいという方は、教本や動画などを見ることもオススメします。
実践的な技術を身に着けたいという方は、ストレッチ専門店などに通ってみるのも良いかもしれません。

まとめ

在宅の時間が多いと、身体を動かす機会も少なくなり、なんとなく調子を崩してしまうという方も多いと思います。
そんな時はぜひ簡単なストレッチを自宅で気軽に始めてみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にしてください。

スポンサー

    ▲ページトップ