1ドルの眼鏡が未来を映す『OneDollarGlasses』

現在、眼鏡を必要としているにも関わらず購入する余裕のない人が全世界で9億5000万人以上いるそうです。その多くが発展途上国の人々です。 視力の低下は、日常生活や学業・仕事上などあらゆる場面に影響が出て、生産性や健康の維持を阻害します。結果として、生じる損失は年間2690億ドルを超えるといわれています。

ドイツの非営利団体OneDollarGlasses(EinDollarBrille eV)はこの問題の解消を目指し、現地で生産できる眼鏡と基本的な視力ケアをすべて自給自足できるソリューションの提供をはじめました。

続きはこちら

スポンサー

スポンサー

      ▲ページトップ