趣味時間がおすすめする 高齢者にやさしい見守りシステム

IT技術を活用した見守りシステム

少子化と長寿化が進むなか、高齢者だけで暮らす世帯が増えました。アクティブシニアと呼ばれる元気な高齢者も多いですが、この世代は急な体調変化が起きる可能性が高いものです。また、高齢者だけの世帯は空き巣などにねらわれやすいといわれています。
このようなことから、離れて暮らす高齢の家族のことが気にかかるという人も多いかと思います。離れていても、無事に過ごしているか、いつでも確認できる方法があればいいと思いませんか? 最近では、見守られる人の様子をパソコンやスマートフォンで確認できる、IT技術を活用した見守り(安否確認)システムが各種開発されています。

プライバシーを守りながらセンサーで見守る「いまイルモ」

そうした製品で多いのが、ネットワークカメラで対象者を見守るものですが、その場合、カメラでずっと見られているのに抵抗があるという人は少なくありません。特に、元気なアクティブシニアほどプライバシー意識はしっかりと持っているもの。そこで、趣味時間がおすすめしたいのが、センサーによる見守りシステム「いまイルモ」です。

いつでもどこからでもきめ細かい見守りが可能

「いまイルモ」は多機能センサーを使った見守り(安否確認)システムです。カメラを使わないので、プライバシーに配慮しながら、離れて暮らす家族や介護の必要な方の生活を24時間そっと見守ることができます。「いまイルモ」では、複数のセンサーで見守り対象者の生活状況を把握し、インターネットを経由して見守る側に伝えます。見守る側はパソコンやスマホで、いつでもどこからでも見守り対象者の日頃の生活の様子をチェックすることが可能です。

人の動き、部屋の温度・・・ドアセンサーで外出もチェック!

「いまイルモ」は見守りセンサーの親機と子機を組み合わせて使うことが出来ます。センサーが、人体の動きや温度、湿度、照度に反応することで、現在どの部屋にいるのか、所在している部屋の温度や湿度、明るさなどを、見守る側はどこからでも知ることができます。
見守り対象者の住まいの状況や行動パターンなどにあわせた場所にセンサーを設置することで、きめ細かい見守りが可能になります。例えば、子機のセンサーを寝室に設置すれば、部屋の明るさから睡眠を推測できます。また、トイレに設置して、トイレの回数による健康状態の変化を知る手がかりにできますし、外出を検知するドアセンサーを玄関などに設置すれば、徘徊対策にもなります。
さらに、センサーがモニタリングするこれらのデータはほぼリアルタイムな状況を知るだけではなく、行動履歴としても過去にさかのぼって確認することが可能です。

見守られる側も見守る側も便利で安心

ITを活用することで、24時間見守りができる「いまイルモ」ですが、設置にあたって特別な配線工事等は不要です。一般のご家庭で誰でも簡単に設置でき、すぐに利用を始められます。また、見守り対象者に器具などを身につけてもらう煩わしさもありません。カメラの「目」を意識することもないので、見守られる側としては、いつも通りの自分らしい生活ができますね。
これらのメリットに加えて、見守る側にとって、「いまイルモ」には便利な通知機能があります。これは、あらかじめ時間帯などを設定することで、在宅しているはずの時間に不在であったり、一定の温度や湿度を超えた場合に、見守る側にメールで通知してくれる機能です。こうした通知機能は、安否確認はもとより防犯や体調変化への対策に役立ちます。
「いまイルモ」は、このようにプライバシーに配慮しながら、離れた場所からもきめ細かい見守りができる便利で安心なシステムなのです。

次世代型見守りサポートシステム「いまイルモ PaPeRo i」

また、最近では、施設向けにロボットを活用した徘徊や外出防止をサポートする「いまイルモ PaPeRo i」のサービスも始まっています。これは、丸みをおびた愛らしいフォルムのロボット「PaPeRo i」に「いまイルモ」のシステムが連携したものです。

「PaPeRo i」を施設の玄関等に設置しておくだけで、外出しようとする利用者がいればセンサーで検知し、スタッフのスマホなどに通知し、利用者にはやさしく声がけすると同時にカメラで録画もします。録画の画像は、外出してしまったときに服装などを確認でき、捜索の手がかりになります。
忙しい介護スタッフにとっては、心強い次世代型サポートといえますが、実際に導入している施設では、「PaPeRo i」のかわいいフォルムや声がけが利用者さんに好評なのだとか。これから入居先の施設を探している高齢者やその家族にとっては、「いまイルモ PaPeRo i」を導入している施設なら安心といえそうです。
一方、離れて暮らす高齢の家族や在宅介護での見守りサポートの必要性を感じている方は、「いまイルモ」を検討されてはいかがでしょうか。


おすすめ記事

▲ページトップ